FC2ブログ
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

今回のブログは、
ちょいと難しい内容になってしまうかも!?です。

こんな言葉があります。

「人の上に立つ人間は、短いスカートをはいていると思うことだ。」

つまり、上からはあまり見えないけど、
下からは丸見えという意味だそうです。

なるほどなって、思いました。

そんでもって、じゃ自分自身どういう姿勢であるべきか?
っと考えて思ったのが、2つ。

1. 常に謙虚であること。
2. 「ありがとう」の言葉を、たくさん、たくさん伝えること。


私が、常に意識して行動して、
少しずつ出来るようになったかなぁーって思うのは、
「ありがとう」と
言葉で伝えられるようになったことです
(自画自賛ですが


育成をしていると、よく

「何で伝わらないんだろう・・・・・」って

落ち込んだり、
悩んだり、
時には、
腹が立ったりすること有ると思います。

自分の教え方、伝え方が悪いのでは?と
顧みるよりも、
相手の理解力が弱いとか、遅いとか
って思ってしまいがちです。

やはり人間同士なので感情が入ったりするし、
自分の経験値の中でしか
「育成年齢」
重ねていくことってできません。

私の育成年齢は、9年かしら?9歳です、たぶん。

ちなみに、母親年齢も創業16年です。
まだまだ修行中でございますので、
ご迷惑をかけていることと・・(笑)

ごめんよぉ、スタッフのみんな
ごめんよぉ~私のBABY達


だからこそ、教える側の責任として、
人の上に立つ責任として、
親として、
たくさんのことを学ばなきゃと思ってます。

それを、てっとりばやく教えてくれるのが、
経験してきた人達だと思います。

その声に耳を傾けたらヒントがたくさんあります。

今、丁度、映画でやってる
山本五十六さんの名言があります。


やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。 
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。



深いなーっと、
最近この言葉を何度も反芻します。

育成で迷ったとき、
「何でかなぁー・・・・?」って思ったら、
この言葉を思い出すようにします。

あと、もう一つ。
北海道の植松さん。
飛行機大好きな植松さんが、
こないだこんなことを、呟いていました。

有る学校に講演に行ったときの話です。

最近、
「僕はほめられて伸びるタイプなんです。」と
真顔で言う大学生にも会いましたが、
心が子どもってのはありですが、
精神が子どもってのは、ちょっとまずいですよ。
ほめてもらえるのは、こどもです。
大人ならば、相手を驚愕させ、感動させ、感心させるような
努力をすべきです。


なるほど!と思いました。


「褒める」という言葉を
勘違いしてはダメなのだと思いました。

褒めるというのは、
相手を認めるってことなんだと思いました。

まずは、
相手を認めて、受け止めて、

そして
その相手が進むべき道を、
教える側は、自分で気がつくように導いて、
そして見守ってやるってことなのだと思いました。

教える側が、
教えられる側の何十倍も勉強していないと、
教えることが出来ないと思います。

それって、とても
大変なことかもしれませんが、

おかげで自分自身の幅が広がります。
心の幅も広がる。

なので、教えるということは、
教える相手がいることから、始まるので、
そのことに、きちんと感謝しなきゃなーって思いました


スポンサーサイト


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
Secret

TrackBackURL
→http://salondekai.blog44.fc2.com/tb.php/195-bfe764e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。