FC2ブログ
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

お久し振りでぇーす

さてさて、今日は、私の原点というお題です。

何度かブログにも書いたことが
あるんですが、私は2年前から
エステグランプリという団体の活動の
お手伝いをしています。

この団体の目的は、営利団体ではなく、
今、活動している全国にエステサロンの
オーナーや異業種のオーナーが

「エステティックサロンの質の向上」と
「エステティシャンの輝ける職場作り」と
「エステから日本を笑顔にしていく」ために、

奮闘中の若い団体です。
この3月に、横浜のパシフィコで
5000人を集めて、大きな大会も
開かれました

さてさて、そんな活動のひとつに、
「エステ感動物語」という本を
昨年、出版いたしました。
全国のエステティシャン達の生の声を
集めた本です。

ちなみに、全国書店もしくはアマゾンで
購入できますので、もしも興味のある方は
ぜひ、読んでみて下さいまし。

さてさて、
そのエステ感動物語に
私も作品を応募したんです

結果は予選落ちです、はい

でも、私の想いを
このブログに遊びに来てくれた方に
お伝えしよう!!と
なかば、自己満足満々で
お送りいたす、決心をしましたぁ

結構、長文なので、
2回にわけて、配信します♪♪

私が、何故、サロンドカイを
始めたのかという原点でございます。



  「千通りの想い」

 エステを始めて11年。たくさんのお客様に育ててきて頂いた。
この仕事を続けてきた理由はなんだろう?
正直、労働時間は長く、体力的にも精神的にも
ハードな面が多い。何度も挫折しそうになった。
でも、どうしてこの仕事を本気で、
辞めようと思わないのだろう?

その答えは・・・自分の中にちゃんと有る。

私が、
このエステの世界に入ってきたばかりの頃から、
下手くそな技術にも、
覚えたてのたどたどしい技術にも、
少しも嫌な顔をしないで、ずっと、ずっと笑顔で、

11年経った今も通ってきて下さっている
T様というお客様がいる。
11年前、まだ何もかも足らないことだらけだった私は、
よくお客様に叱られた。

「あなた以外の人に入ってもらっていい?」

「お金を払っているのだから、もっと上手な人にしてもらいたい」

「むいてないんじゃない?」



その度に、悔しくて涙を流した。
でも、悔しさはハングリーへと変わり、
私は技術を必死で、一生懸命、練習した。

そして、とにかく、毎日一生懸命、一生懸命、
お手入れをすることだけ。ただ、それだけの毎日。
そんな頃に、T様に出会った。

当時の私は、本当の意味で相手のことを
想ってお手入れをしていなかったように思う。
上手に思われたい。
頼りになるエステティシャンと思われたい。
そんなことを思っていた。

そんな頃、T様に出会って、
お手入れをさせていただく中で、
ある日、私の中で、生まれた感情。

当時、高額契約を取ることがすべてだった
サロンの方針に、納得いかないと思いながらも
それでも、毎日、働いていた。

「これが仕事なんだから」 そう思っていた。

でも、
それが本当にエステティシャンの仕事なのだろうか・・・・?
エステサロンに来るお客様は、
みんなキレイになりたくてやってくる。
そして、キレイになりたいと願う理由が、
そこには様々ある。
肌のトラブルやお悩みの数だけある。
同じ理由は、ひとつもない。
答えも同じく一つではない。


そんなシンプルなことに、ようやく気がついた。

そして、生まれてきた感情は、

もっと、お客様一人一人と、
きちんと向き合って対話が出来るサロンを作りたい。

それが、私の独立のきっかけ。


そして、T様と出会ったサロンを退職する時に、
T様が私に言った 

「あなたがサロンをするなら、私、そこに通うよ」

当時、
それ程T様と触れ合うこともなかった私に、
どうしてT様は、
そんな言葉を言ってくれたのか不思議に思い、
私は尋ねてみた。
 
するとT様は、 

「あなたのマッサージには、いつも心がこもっていたよ。
私を癒そう、キレイにしようって思ってくれているのが伝わったから。」


そして、私のお客様第一号になってくれたT様。

6畳一間の自宅の一室の、
けして立派とはいえないサロンに、
T様は足を運んでくれた。

そんなある日、
いつものようにT様の、
お顔のお手入れをしていると、
ポロポロ ポロポロと涙を流し始めたT様。
ただただ涙を流すT様。

私は、驚いた。
いつも、いつもニコニコしているT様。
笑顔のT様しか私は知らなかった。
私よりも一回り年上のT様は、
本当にかわいらしくて、
少女のように、いつもキャ♪キャッ♪と
笑っているような人だったから。

黙っていると、

T様が

「ごめんね。びっくりしたでしょ?泣くつもりなかったんだけど」

当時、T様は恋をしていた。
その恋が終わったのだと教えてくれた。
そして、T様がエステに通い始めた理由を知った。
恋をしたT様は、
キレイな自分でいたっかたのだと、言った。
キレイと思われたくて、
それがエステに通い始めたきっかけだと。


「ここにね、こうして来ると、とっても心がほっとするの。
自分へのご褒美。いつも一生懸命頑張ってる自分への、ご褒美なの。
あなたと私は歳は、離れてるけど、つい安心して何でもしゃべっちゃう。
でも、それで心が軽くなるの。救われるの。それにキレイになれるし!」

そして、最後にT様は、

「いつか見返してやるんだから♪
  だから、私、もっとキレイにならなきゃね♪」

いつもの笑顔で、そう云われた。


キレイになりたいと願う人は、たくさんいる。
キレイになりたいと願う理由が、そこには千通りある。


スポンサーサイト


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
Secret

TrackBackURL
→http://salondekai.blog44.fc2.com/tb.php/199-7ca25141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。