FC2ブログ
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
こんにちわ♪ 
山口県下松市でエステサロン「サロンドカイ」をしてます甲斐めぐみです。

今日は、とっても長くなってしまいます

でも、最後まで読んでみてください。

きっと、心が何かを感じるはずです。

私の好きな人のブログに、
以前、紹介されていたお話です。
ご存じの方も多いかもしれません。
本当のお話です。

「熊本の名校長・最後の授業」

私が考える教育の究極の目的は

「親に感謝、親を大切にする」です。

高校生の多くはいままで自分一人の力で生きてきたように思っている。
親が苦労して育ててくれたことを知らないんです。
これは天草東高時代から継続して行ったことですが、
このことを教えるのに一番ふさわしい機会として、
私は卒業式の日を選びました。

式の後、三年生と保護者を全員視聴覚室に集めて、
私が最後の授業をするんです。


そのためにはまず形から整えなくちゃいかんということで、
後ろに立っている保護者を生徒の席に座らせ、
生徒をその横に正座させる。
そして全員に目を瞑らせてからこう話を切り出します。


「いままで、お父さん、お母さんにいろんなことをしてもらったり、
 心配をかけたりしただろう。
 それを思い出してみろ。
 交通事故に遭って入院した者もいれば、
親子喧嘩をしたり、こんな飯は食えんと
 お母さんの弁当に文句を言った者もおる……」


「おまえたちを高校へ行かせるために、 ご両親は一所懸命働いて、
 その金ばたくさん使いなさったぞ。
 そういうことを考えたことがあったか。
 学校の先生にお世話になりましたと言う前に、
まず親に感謝しろ」



そして

「心の底から親に迷惑を掛けた、
 苦労を掛けたと思う者は、
 いま、お父さんお母さんが隣におられるから、
 その手ば握ってみろ」



すると一人、二人と繋いでいって、

最後には全員が手を繋ぐ。

私はそれを確認した上で、こう声を張り上げます。


「その手がねぇ! 十八年間おまえたちを育ててきた手だ。
 分かるか。……親の手をね、
 これまで握ったことがあったか?
 おまえたちが生まれた頃は、柔らかい手をしておられた。
 いま、ゴツゴツとした手をしておられるのは、
 おまえたちを育てるために
大変な苦労してこられたからたい。
 それを忘れるな」


その上でさらに

「十八年間振り返って、 親に本当にすまんかった、
 心から感謝すると思う者は、 いま一度強く手を握れ」



と言うと、あちこちから嗚咽が聞こえてくる。


「よし、目を開けろ。分かったや?
 私が教えたかったのはここたい。
 親に感謝、親を大切にする授業、終わり」





心の中では感謝していても、
近くにいすぎて、それを実感したり、
伝えたりすることって、
難しかったりします。


大人になると手を繋ぐということが
少なくなってきます。
でも、手を繋ぐという行為は
すごく有効なスキンシップだと気付かされました。


私は、この話を知ってから、
手を繋ぐことが好きになりました。


ちょっぴり恥ずかしいけど
その恥ずかしさよりも、
つないだ手を通して
ほんわかと温かい気持ちになれます。


大好きな人の手を握ってみてください

きっと、お互いがHAPPYになれます。

大好きもありがとうも
全部、伝わると思います♪
スポンサーサイト


山口ブログランキングの向上を目指しております私です
山口ブログに参加しています。
応援のクリック、お願いいたします(^-^)♪
Secret

TrackBackURL
→http://salondekai.blog44.fc2.com/tb.php/211-11be6c0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。